09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

雨のお大師様 

旧暦3月21日は春のお大師様縁日
今年はあいにくの雨
雨にもかかわらず多くの人がお大師様に参拝に行っていました。
私達の子供の頃はお大師様から素晴らしい眺めで四万十川の流れが見えていたが今では管理放棄の山が多く見晴らしも悪くなって残念です。

今は車で上って行くことができる。
20年位前に林道が開設されてから 今は2つの電話局のアンテナが建ち水道施設が出来ました。
林道開設には山主が土地を無償提供してくれたおかげで出来たことを もう知っている人も少なくなってきた。
補修に時間とお金がかかると文句を言い出すのは開設当時の苦労を知らない人達 情けないことだ。

お堂の板壁には丸いあなが無数にあいています。
ムササビがあけた穴のようです。

若い時には何も気付かずに過ごすことが多いが 歳を重ねる事により地域の宝物と思うようになりました。
遠い昔からの伝統行事や建物など 同じ地域住民にも それぞれの価値観の違いがあり  維持管理が難しい時代となりました。
〇〇文化とか〇〇伝承とか名前が付けば又違う視点で見直されることもあるかもしれませんが・・・

大師堂
雨のお大師様
お堂餅投げ
餅投げもお堂内で

カテゴリ: 地域の行事

tb: 0   cm: 0

« 野菜植える準備しなくちゃ  |  修復工事進捗状況 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://motomimotomi.blog117.fc2.com/tb.php/1650-695c35cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)