03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

我が家の栗 

竹の筒から出た栗の木
たけの筒に蒔いた栗

タンニンが強く病気に強い品種を 春3月に竹の筒に栗の実を落として 接ぎ木の台木を育てる。
竹の筒の役目は発芽迄を小動物から守ことと草刈りで小さな芽を刈飛ばさないため
直接畑に蒔くことにより根が伸びて地力ができる 成長も早い

次の年は 猪鹿うさぎなどの被害を受けないように 管理
運良く大きくなれば3年目にやっと 接ぎ木

倉方接ぎ木溝手5月5日

接ぎ木4月11日分

接ぎ木をした歳に大きくなるものもあるが実はつかない 着けない

長い永い年月かかり自分の思った栗の実ができる

栗収穫NO1

カテゴリ:

tb: 0   cm: 1

« 建築途中  |  新年初めての »

この記事に対するコメント

 桃栗三年柿八年

  美味しい・・・美味しい・・・と、気軽に戴いておりますが、
 
  栗の収穫までには、大変な作業、また日数がかかるものですね。

  秋の収穫時期に、栗拾いだけは経験したことがありますが、

  その栗拾いも、急斜面をはいずり回っての作業は、なかなか大変                                           だったことを思い出しますが・・・。

  この秋の大豊作を期待し、またお祈りします。

nishi-森 #- | URL
2015/01/19 11:07 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://motomimotomi.blog117.fc2.com/tb.php/1610-b3ce2165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)