10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

台風11号 

台風11号 大暴れでした。
被害に合われた皆さんお見舞い申し上げます。
皆さんに気の毒で 後片付けのところは見て見ぬふりで通り過ぎました。
申し訳ありませんでした。
惨状を画像で
片付け作業中は気の毒でよう撮しませんでした。

長生の沈下橋又流されました。
手前の白線がズレています 今度大水が出たらここも流されることでしょう。
今年の夏は飛び込みができない長生沈下橋
下の画像は8月5日
前にも書いたが子供心に覚えている
地元の長老が「あの場所へ架けても流れる」と言っていた言葉 何回流れたか?
大水が出る度にあるかなと心配していた
長老のMおじさんは流れた橋を見ること無く亡くなっていますが 
空の上でほりゃ見たことかと言っていることじゃろう。

石積みは遠い昔のまま 本村小学校の遠足は 沈下橋が架かる前は長生の川原と決まっていました。

流れたがは何度目?

長生沈下橋8月

国道381号歩道上の川木
土手の桜カヤル
予土線ほびー
皮が剥がされた桜
DSC05509.jpg
古小島を望む
川木
中半家沈下橋と大橋
畑の惨状

住宅やお店 製材工場浸水して機械や道具が壊れ
畑や田圃も川もくで手がつけられない状態
ししとう栽培農家のおじさんは「根こそぎ流されて仕事がなくなった 明日から何をしたらよいか」と話してました。
人に被害がなかったのが何よりでした。

社協からの要請で口屋内へ明日ボランティアに出向きます。

カテゴリ: 自然観察

tb: 0   cm: 0

« 台風11号の爪あと  |  台風11号通過中 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://motomimotomi.blog117.fc2.com/tb.php/1560-d3a3ae57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)