06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

歳を考えさせられました。 

体のあちこちが痛いと思えば 昨日 栗山でころんだ時に当たった所があざになっています。
「何時迄も若くないがぜ お母さん」と娘に言われました。

CIMG0392 栗山から

山田の稲 順調に生育しています。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

山の花  

本当の名前は知らないが小さな頃から カタクリの花とよんでいました。秋になると種がひらひら飛んでいます。
     CIMG0351 カタクリの蕾
     CIMG0349 カタクリの花

スイカもトウモロコシも一つも口に入らずでした。
網に入れていても取られました。
     CIMG0354 裏なりのスイカ
     CIMG0353 黄色スイカ
     CIMG0352 水ナス


カテゴリ: 季節の花

tb: 0   cm: 0

7月27日 山の便り 

栗の木が茂り ど根性栗園の看板が見えにくくなりましたので 付け替え

CIMG0393 dokonnjyoukuriennkannbann
              

工場の向かいの山の木も大きくなり 伐採させてもらいました。
随分明るくなりました。
栗の木も 接ぎ木で育てて 手入れをしていると良い栗園になるはずでしたが 訳あり 猪の餌場になるよりはと思い 切り倒しました。
すっきりしました。


    CIMG0398 栗の木伐採前

CIMG0399.jpg


     CIMG0400 木伐採前

    CIMG0407 木伐採後

スズメバチの巣も退治しました。

CIMG0396 スズメバチの巣
 
 

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

栗畑 3回目 草刈り終了 

連日猛暑日でしたが 今日は曇って草刈りもはかどりました。
栗を収穫前にはまだ草刈りしなくてはなりません。
毬もだいぶ大きくなりました。
今のところ生理落果も見られませんが品種によっては毬の付きが少ないように感じます。

一昨年植えた 美栗
苗が高価で1本だけ植えました。
 毬が着いています。味見ができるといいが・・

CIMG0355 mikuri

ナナたてくり 
毬が小さがびっしりなっている。拾うががしんきなが とても甘くて美味しい 栗の実がかわいい
9月になれば切り花として 道の駅よって西土佐に出そうと思っています。

ナナ縦K里
ナナたてくりの突然変異種。
1粒20g程の大きさになる 明るい栗色で味もそれなりにいい
この栗を増やそうと思案中です。

CIMG0357 ナナ縦栗突然変異種

思うだけで高齢になり無理かもしれない。

カテゴリ:

tb: 0   cm: 0

作業場の屋根 

 採寸の手伝いに 作業場の屋根20数年ぶりに 上がってみました。
カンカン照りの鉄板屋根は火傷するのではと思うくらい熱かった。
ボルトや継ぎ目が少し錆びてきたので塗装し直そうかと計画中です。

        CIMG0345 屋根採寸 

        CIMG0341 北側

        CIMG0337 作業場屋根南

間から下を見ると 高い

        CIMG0342 間から

カテゴリ: daiku

tb: 0   cm: 0

梅雨明け  

あんなにジメジメしていた古い蔵の土間 梅雨明け聞いた途端にカラッとなりました。
暫くカンカン照りの暑い日が続くことでしょう。
去年は今頃台風11号ができていましたが 今年は まだ1号
さきが恐ろしい予感がします。

家の野菜のできは さっぱりわや まともに収穫できるのは 軒先のミニトマトだけ

     CIMG0335 ミニトマト
近所の家のやさい畑にはひまわりとかぼちゃが
     CIMG0332 ひまわりにかぼちゃ
我が家のど根性サボテン 庇につかえてまがり始めました。
耕運機の鉄車 使うこともなくなったがに サボテンを植えた時から もう何年も同じ所から動かずに・・・
     CIMG0333 耕運機鉄車と柱サボテン
古い家の庭で ひっそりはまゆうが咲いてくれていました。
     CIMG0336 はまゆう

我が集落の氏神様 河内神社の夏祭りはあした

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

収穫間近にやられた。 

CIMG0299 キビ被害
CIMG0301 スイカも
CIMG0300 いずれ柿も
網をはってもどこから侵入するのか はった私が引っ狩るのに 野生動物はエライ。
収穫の楽しみはなく 植えて楽しむ人になってしまった。

カテゴリ: 農産物

tb: 0   cm: 0

今日の柱サボテン 

CIMG0258 7月6日の柱サボテン
CIMG0257 柱サボテン庇につっかかる
CIMG0254 フジうつぼ
 
2階の庇にも穴を開けたらいいと思うがですが 穴空けるならサボテン切り飛ばすと反対者が言います。
脇芽がぐんぐん伸びています。

フジうつぼの花 妹が育てていた花 我が家に取ってきて14年毎年咲いてくれます。

カテゴリ: 季節の花

tb: 0   cm: 0

7月6日 栗山報告 

-- 続きを読む --

カテゴリ:

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。