07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

木造建築 

いよいよ始めました。
江川崎の住宅新築工事
地域の木材で造らせて貰います。
ブログネタにします。


四万十市産材加工始め

基礎工事 コンクリート打ち込みました。

基礎工事型入れ
N家基礎工事

カテゴリ: daiku

tb: 0   cm: 0

秋の気配 

8月も終わりに
よいよ晴れて暑い日がなかった西土佐
昨年の暑さはまぼろしかと思うくらい悪天候で江川崎は浸水被害にあい
断水は長びき 沈下橋は流されるし散々な夏でした。
でも 今日は久しぶりに晴れて暑い一日でした。


秋の空に
病室の窓から
防災ヘリに



カテゴリ: 自然観察

tb: 0   cm: 0

宇和島駅から 

久々に予土線利用
話題の新幹線に乗車

宇和島駅の新幹線

乗車記念
宇和島駅

車なら40分くらいのところ 宇和島 ー江川崎間 一時間以上かかった。

ゆっくり汽車の旅を楽しんでみました。
沿線の風景もざまに変わってビックリの旅でした。

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

大雨 

朝からものすごい雨 江川川はたちまち黒濁り。
昨夜は満天の星  北斗七星も落ちてくるのではないかと思うくらい 天の川もくっきり
しばらく見とれてました。
が 今朝から大雨 雨は勘弁してほしい。

カテゴリ: 自然観察

tb: 0   cm: 0

なんとかせんといけん 

大水から 上流へ何日かぶりに行ってみた。
川原の格好が変わってたまげた。
川直しの水が出るのではないだろうか?
昔からの言われ?
もうイヤだ。

simanntogawa.jpg

形が変わった川原

栗の木も被害に 毬は落ちて 枝が折れたり根こげになったり 
専門家に診断してもらったらいいのに 今少し手をかけたら助かるのではないだろうか

うちの栗 枝が折れたぐらいでめそめそしてはおられん。
兵庫県丹波市の栗の木は無事だろうか?

上流から見るに大きなものが流れて何?と思っていたら
江川崎の水道施設 川そこにあるはずが浮き上がっていた。
完全復旧には期間とお金がかかるようだ。
なんとかせんと 困ることばかり。

江川崎水源

カテゴリ: 日記

tb: 1   cm: 0

元気な子供 

香川から久しぶりにきてくれた孫達(正確には妹の孫)最近では珍しい?野生児。
あいにくの雨で四万十川にはいけんかったが 普段は殆ど水がない谷ンゴを上へ下へ
こけりゃあせんかとハラハラ とうとう履物流してしまって見つからず
焼き板も夜遅くまで作りよりました。

焼き板作り
元気な子供
元気な子供NO2

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 2

権谷水まつり 

川の水
準備中
準備中NO2
暑い松明
逞しい後継者

カテゴリ: 地域の行事

tb: 0   cm: 2

本村分館盆踊り 

半世紀以上前から続いている本村分館盆踊り
地域を盛り上げようと 多くの人で賑わいました。

本村分館盆踊り

本村分館盆踊りNO2

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 2

お盆 迎え火 

松明NO2
松明NO3
松明NO1
我が家では昔から同じ場所で同じようにしてご先祖様をお迎えします。
お仏壇はお盆だけの飾り付け
ご先祖様が育てていた 柿や栗その他のものを青いですが飾りに使います。

仏壇

カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

台風11号の爪あと 

被害甚大にたまげております。
浸水被害に合われたお宅にお手伝いに少しの時間でしたが 行っていました。
すこしはお役にたてたろうか 勉強させて貰いました。

途中で・・
獣害網にもくが
口屋内沈下橋
岩間沈下橋は

水量は減りましたが 今回はまだ泥濁り

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

台風11号 

台風11号 大暴れでした。
被害に合われた皆さんお見舞い申し上げます。
皆さんに気の毒で 後片付けのところは見て見ぬふりで通り過ぎました。
申し訳ありませんでした。
惨状を画像で
片付け作業中は気の毒でよう撮しませんでした。

長生の沈下橋又流されました。
手前の白線がズレています 今度大水が出たらここも流されることでしょう。
今年の夏は飛び込みができない長生沈下橋
下の画像は8月5日
前にも書いたが子供心に覚えている
地元の長老が「あの場所へ架けても流れる」と言っていた言葉 何回流れたか?
大水が出る度にあるかなと心配していた
長老のMおじさんは流れた橋を見ること無く亡くなっていますが 
空の上でほりゃ見たことかと言っていることじゃろう。

石積みは遠い昔のまま 本村小学校の遠足は 沈下橋が架かる前は長生の川原と決まっていました。

流れたがは何度目?

長生沈下橋8月

国道381号歩道上の川木
土手の桜カヤル
予土線ほびー
皮が剥がされた桜
DSC05509.jpg
古小島を望む
川木
中半家沈下橋と大橋
畑の惨状

住宅やお店 製材工場浸水して機械や道具が壊れ
畑や田圃も川もくで手がつけられない状態
ししとう栽培農家のおじさんは「根こそぎ流されて仕事がなくなった 明日から何をしたらよいか」と話してました。
人に被害がなかったのが何よりでした。

社協からの要請で口屋内へ明日ボランティアに出向きます。

カテゴリ: 自然観察

tb: 0   cm: 0

台風11号通過中 

暴風雨
西土佐地域にも避難勧告発令

でも動けません 動くと危険
指定避難場所まで行くのも危険
60年以上生きてきた者は勘が働く?
むしろ叩きのような雨 ガイナ
江川崎大丈夫だろうか?
防災無線で水位の放送しています。
災害がないように 早く台風通りすぎて・・・・

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 0

焼ききび 

親戚から届きました。昔からのキビ
種を葉山まで買いに行って栽培したようだ。
台風でかやったらいけんと少し早いが収穫したらしい。
昔のキビじゃけん焼いて食べるようにとたくさん貰った
言いつけ通り炭火で焼いた。

やききび

よう食うたもんじゃ

懐かしい味 それにしても・・・・

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 2

心配な台風11号 


久しぶりの青空でしたが
夕方から雨
又台風11号がやってきそうな気配

しまんとがわの様子を

川もや
四万十川キリ

長生沈下橋8月5日
長生沈下橋8月

大雨が降れば又沈下します。

カテゴリ: 自然観察

tb: 0   cm: 0

山の桜えび 

山のさくらえび (正しい呼び名はしりません) 知り合いに頂きました。
昔はどこの谷んごにもおった 最近は見たことないと 夫が大喜び 
子供の頃を思い出し昔の捕り方を懐かしげに話していました。私は初めて見ました。

タケニイのエビ

生では飛び跳ねて逃げてしまうので 茹でて野菜とかきあげに 
テナガエビより殻がやわらかくて 口当たりもようて美味しかった。

タケニイのエビNO2

数の多さは負けません これが四万十川の絶滅危惧種のテナガエビに変身すればいいのになー
そんなことは決してありえません。

カテゴリ: 日記

tb: 0   cm: 2